大人の女性であれば、生えているのが当たり前?

身だしなみに気を遣って、ムダ毛処理をこまめに行っているという女性も多いですよね。
暑い時期だけに限らず、寒い時期であっても、旅行や飲み会などで温泉に入る機会があるかもしれませんし、結婚式に出席するためにドレスを着たり、スポーツをするために半袖やハーフパンツを穿いたりといった、人前でお肌を露出する機会がいつあるかわからないので、ムダ毛処理から解放される時期はほとんどないと思います。

 

とはいっても、露出しないような部分のムダ毛処理は、やらない方も多いですよね。
露出しない部分のムダ毛といえば、デリケートゾーンに生えているアンダーヘア(陰毛)が一番に挙げられるかと思います。
アンダーヘアは、思春期の時期に差し掛かれば、誰にでも生えてくるものですし、むしろ大人の女性であれば、「生えているのが当たり前」と思うかもしれません。
jエステ 全身脱毛

 

ですが、最近ではアンダーヘアの脱毛が、脱毛部位として女性たちに人気を集めています。
自己処理をしている方もいるのですが、やはり場所的にも自己処理が難しいですし、肌トラブルを起こしやすい危険な部分であるため、サロンやクリニックでの安全な処理に切り替えることを選ぶ方も多いです。

 

アンダーヘアの脱毛は、サロンやクリニックでは「VIOライン」と呼びます。
VIOラインは、「V」「I」「O」の1つ1つが、デリケートゾーンの1つの部分を表わしています。

 

◇Vライン脱毛◇
太ももの付け根の部分に生えているアンダーヘアのことで、正面から見た時に「V」の形になっているため、Vラインと呼ばれています。

 

Iライン脱毛
外尿道口や膣口などがある部分の両サイドに生えているアンダーヘアのことで、M字開脚の状態でデリケートゾーンを見た時に縦の1本線(厳密には2本線ですが…)に見えるので、Iラインと呼ばれています。

 

◇Oライン脱毛◇
肛門の周りに生えているアンダーヘアのことで、「O」の形に見えるため、Oラインと呼ばれています。

 

正直なところ、脱毛をするには向いていない部分のように感じられますよね。
脱毛をお願いするのも、かなり抵抗がある部分だと思います。
ですが、VIOラインの脱毛を受けると、生理期間中を快適に過ごすことができるようになったり、デリケートゾーンのニオイやかゆみなどのトラブルが発生しにくくなったりと、メリットが多いようです。

 

そこで当ホームページでは、女性の間で話題の「VIOラインの脱毛」に関する基礎知識を、皆さんに提供していきたいと思います。
「VIOラインの脱毛を検討している」という方はもちろんのこと、「受けるかどうかはわからないけれど興味はある」という方にとっても、今後の参考にして頂けるかと思うので、是非ご覧になってみて下さい。

 

顔脱毛に関してはこちらをチェック。

 

キレイモ:VやIラインの脱毛が面倒くさい女子には全身脱毛しかありえない!

VIOライン脱毛の基礎知識